週刊ベースボールONLINE

2019 MLB NEWS CLOSE UP

菊池雄星(西武→マリナーズ) 15歳からの夢が叶いマリナーズへ。“3本の矢”でエースの座を!

 

西武からポスティング制度でMLBマリナーズへ移籍する菊池雄星が現地時間1月3日、シアトルにある本拠地Tモバイル・パークで入団会見を行った。最長7年となる契約を結んだ左腕は満面の笑みを浮かべて、メジャーに対する思いを語った。
文=笹田幸嗣 写真=AP

入団会見でマリナーズのユニフォームを着た菊池。背番号は「18」になった


周囲の心をつかんだ英語でのスピーチ


 15歳からの夢。菊池雄星はマリナーズへの入団発表の席で12年越しの思いを英語で表現した。

「Hi Everyone, My name is Yusei Kikuchi of the Seattle mariners. I'm very happy to be here. Today is very special day for my family and I. Thank you for my family and amaging my wife, Rumi, my friends my high school coach, my menter Mr.Sasaki for supporting me everyday.Playing in the big league has been a dream of mine since I was 15years old. Thank you, Seibu Lions, for letting me go on and lead my dream. The Mariners ownership, Mr. Dipoto and Mr. Servais, Thank you for this new journey. And to my new teammates. I can't wait to meet you guys soon.Thank you.」
(皆さん、シアトル・マリナーズの菊池雄星です。この場にいられてとても幸せです。今日は僕と家族にとって特別な日となりました。毎日、僕を支えてくれた家族、素晴らしい妻の瑠美、友人たち、助言を与えてくれた高校時代の佐々木監督に感謝します。メジャー・リーグでプレーすることは15歳からの夢でした。導いてくれた西武ライオンズに感謝します。マリナーズのオーナー、ディポトGM、サービス監督、この新しい旅路に感謝します。そして、新しいチームメートへ。あなた方と会える日が待ち切れません。ありがとう)

 この挨拶(あいさつ)を横で聞いていたジェリー・ディポトGM、スコット・サービス監督、スコット・ボラス代理人の3人の表情は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング