週刊ベースボールONLINE

ファームシーズン総括2018

阪神・「超積極的野球」が1年で成就。投打とも快進撃でファーム日本一に

 

矢野燿大二軍監督就任1年目となった2018年。「超積極的野球」を掲げ、チーム盗塁数「163」と大幅に伸ばし、投手陣も躍動。その結果8年ぶりのウエスタン制覇を成し遂げ、最後はファーム日本一へと駆け上がった。

8年ぶりのリーグ優勝と12年ぶり5度目のファーム日本一に輝いた虎ナイン


【育成方針】準備力を高める育成法


 いかに選手たちの可能性を広げるかを考え、矢野燿大二軍新監督は3つのテーマを掲げた。

『超積極的野球』

『諦めない』

『誰かを喜ばせる』

 矢野監督の考えは勝つことよりも“育成”が先だった。勝つことを優先させると選手たちのパフォーマンスや成長の妨げになる。だからこそ、超積極的なプレーでの“失敗”は許すという育成法を取った。

「アウトになったことを次につなげる、準備力を高める。オレら(首脳陣)がそれを許さないと選手を押さえつけてしまう」と常にこの言葉を矢野監督は口にした。

 同時に・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング