週刊ベースボールONLINE

12球団キャンプトレーニング事情

春季キャンプトレーニングメニュー 西武・無理をさせずにブルペン最後に新人

 

目指す野球は12球団それぞれだ。宮崎、沖縄、アリゾナで汗を流す春季キャンプも、練習メニューを見れば、チームそれぞれの色が表れる。攻守走の何を重視して強化を図るのか――。はたまた実戦重視でチーム力を上げていくのか。キャンプイン初日、2月1日のメニューの一部に焦点を当て、各球団のトレーニング事情を探ってみよう。

ドラフト3位ルーキーの粟津も自分のペースでブルペン投球を行った/写真=大泉謙也


 連覇を狙う西武だが、投手陣の底上げが大きな課題だ。A班キャンプに松本航粟津凱士森脇亮介と3人の大学、社会人出の投手が抜擢されたが、若手の台頭を首脳陣は期待している。ただ、怖いのはケガ、だ。特に新人は周囲にアピールするために無理をしがちになってしまう。そこで、一計を案じたのが8年ぶりに現場復帰した小野和義投手コーチだ。

「余計な雑音を入れさせないで、自分のピッチングに集中させたいと思っています」

 通常ブルペンへは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング