週刊ベースボールONLINE

12球団キャンプトレーニング事情

春季キャンプトレーニングメニュー ソフトバンク・故障のリスク軽減へ新兵器も導入

 

目指す野球は12球団それぞれだ。宮崎、沖縄、アリゾナで汗を流す春季キャンプも、練習メニューを見れば、チームそれぞれの色が表れる。攻守走の何を重視して強化を図るのか――。はたまた実戦重視でチーム力を上げていくのか。キャンプイン初日、2月1日のメニューの一部に焦点を当て、各球団のトレーニング事情を探ってみよう。

新兵器「ローイングエルゴ」を使ってトレーニング/写真=湯浅芳昭


 あえてボールは使わない。事前に工藤公康監督が公言していたとおり、「走塁改革」を掲げるチームは、走って、走って、走りまくっている。心肺機能を強くするのが目的だが、指揮官は「実技のあとだとケガする可能性もある」と、ランニングメニューを午前中に集中させている。キャンプインした初日は、まずは全員で600メートル×3本。そのあと若手選手たちは、150メートル×10本、10メートルを5往復×5本を走破した。

 一方、ベテラン勢は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング