週刊ベースボールONLINE

廣岡達朗連載「やれ」と言える信念

廣岡達朗コラム「2019年、セ・リーグ順位予想」

 

中日・与田新監督の手腕が注目される


 今年のプロ野球は、セ・リーグでは阪神と中日が勝つと活気が出る。

 中日の新指揮官に就任した与田剛監督は、礼を尽くして私にも電話してきて「いろいろ勉強させていただき、ありがとうございます」と言ってくれた。私は「最初から優勝しようなどと考えるな。まずは選手を作れ」と伝えた。私が新監督に求めるのは「1年目は最低でも3位になります。翌年は2位、3年目に優勝。達成できなければ辞めます」と言い切れるだけの腹の括り方である。

 中日は、ドラフト1位の根尾昂をはじめ、このオフにいい素材を獲得した。あとは監督、コーチの腕次第だ。人間の能力というのはすぐに開発されるものではない。ある一定の時間、そして計画性が必要なのだ。

 中日といえば・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング