週刊ベースボールONLINE

道具の流儀

広島・松山竜平 素材からこだわる宝刀・ザナックスのバットと新世界が開けたオークリーのサングラス

 

打席での豪快なスイングとは対照的に、道具には繊細にこだわる四番候補。打撃好調だった今季の秘密を探る。
取材・文=吉見淳司、写真=太田裕史、BBM


 日本シリーズ第1戦(10月22日、対日本ハム、マツダ広島)では新井貴浩を押しのけて四番に座り、豪快なホームランを放つ活躍を見せた松山竜平。その頼れる打撃に欠かせないのが、この2つのアイテムだ。

 バットはプロ球界には珍しいザナックス社製のもの。長さ33.5インチ、重さ920〜930グラムの宝刀で、何度も劇的な一打を放ってきた。

「ザナックスさんは僕の要望にすごく応えてくれる。プロ野球選手として、納得いくものを使わせてもらえるのが大きいですね」

 使用している木材はタモ。ボールがバットに引っつくような感覚が強く、「ボールをはじくよりも運ぶのが僕のバッティングだと思っているので、僕に合っていると感じました。タモは細かい木目がきれいに見えるんですよ。メープルだとこういう木目にはならないし、ホワイトアッシュだと太くなる。タモの木目が好きで、試合ではきれいな真っすぐなものを使っています」。

愛用している木材はタモ。細かく美しい木目のものを厳選して試合用にしている


 重心はトップではなく、振りやすさを求めて・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

道具の流儀

プロフェッショナルたち(選手、コーチ、スタッフ含む)のこだわりの道具、ギアをクローズアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー