週刊ベースボールONLINE

道具の流儀

オリックス・西野真弘 先輩のバットを自らの感覚でカスタマイズしたアシックスのバット

 

西野真弘は社会人時代の先輩、広島田中広輔のバットを自らの技量に合わせて改良。さらに技術のレベルアップを図り、バットの進化も目指している。
取材・文=鶴田成秀、写真=太田裕史、BBM


 鋭い打球を左右に飛ばす。甘いボールを逃さずセンターに打ち返せば、外角のボールは鮮やかに流し打つ。今年5月8日のロッテ戦[QVCマリン]では中安打、左前打を2本ずつ放ち、第5打席は右越えの二塁打で5打数5安打。巧打を見せつけ、同日時点でリーグ打率3位の.339と、打線を活性化させてチームを鼓舞した。

長さ84センチで重心をバットの中間に置いた“ミドルバランス“を採用。扱いやすさを大事にしている


 巧打の源は「扱いやすさを大事にしている」というバットにもある。長さ84センチで、重心を中間に置いた“ミドルバランス”を採用し「振り抜きやすさ」を重視。そのバットのモデルは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

道具の流儀

プロフェッショナルたち(選手、コーチ、スタッフ含む)のこだわりの道具、ギアをクローズアップ。

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー