週刊ベースボールONLINE

道具の流儀 2017

DeNA・今永昇太 ミズノのグラブ 「逆境こそ覚醒のとき」マウンドでともに戦う相棒

 

2年目のジンクスはどこ吹く風とばかりに、DeNA投手陣の中心を担う今永昇太。愛用するグラブは、平裏部(内側の手の平が触れる部分)に恩師の言葉が刻まれた、思い出たっぷりのこだわりアイテムだった。
取材・文=滝川和臣、写真=田中慎一郎、BBM


「雨の日に勝たないと雨男じゃない」

 今季、DeNAは雨天中止の試合が6度あるが、その4度に先発予定だった今永昇太は自身の“雨男ぶり”を問われると、冒頭の言葉で記者に切り返した。ルーキーイヤーから高い「言葉力」で独自の理論を展開してきた左腕は、グラブに「逆境こそ覚醒のとき」と一文を入れている。

「北筑高の野球部、井上勝也監督(当時)の言葉です。僕の心に響き、大切にしています」

 言葉を入れたのは駒大3年のときだ。その後、プロになっても恩師の言葉は忘れてはいない。

「ピンチで自分を楽にしてくれる言葉ですね。これを乗り切れば、自分が成長できる。逆境はチャンスでもある、という意味です。(グラブの内側にあるので)マウンドで文字を確認することはできませんが、心の片隅にはいつもあります」

開口部が小さいため分かりづらいが、平裏には「逆境こそ覚醒のとき」の刺繍が入る


 そんな、こだわり派左腕のグラブをチェックしていこう。一目で目に付くのが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

道具の流儀

プロフェッショナルたち(選手、コーチ、スタッフ含む)のこだわりの道具、ギアをクローズアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング