週刊ベースボールONLINE

道具の流儀 2017

ヤクルト・奥村展征 ミズノのグラブ ルーツは宮本慎也モデル。そこから加えた独自の色

 

故障者続出で苦しい戦いを強いられているヤクルトだが、その中で生きのいい若手遊撃手が台頭してきた。高卒4年目の22歳、奥村展征だ。遊撃の守備は「難しい」と言うが、それでもこの信頼できるグラブが、自らのプレーを支えている。
取材・文=富田庸、写真=川口洋邦


 日大山形高3年時、2012年夏の甲子園1回戦、奥村は日大三高(西東京)戦でバックスクリーン右に飛び込む先制2ランを放った。これが甲子園で史上2組目の「父子本塁打」となる。父・伸一さんは1985年夏、滋賀県代表の甲西高のメンバーとして甲子園に出場。準決勝でKKコンビ(桑田真澄清原和博)擁するPL学園高に敗れたが、その快進撃は“ミラクル甲西”と呼ばれた。そして翌86年夏、開幕戦となった三沢高(青森)戦で大会第1号を放っていたのだ。

 そんな父の影響で野球を始めた奥村。グラブ選びにも父の縁が関係していた。伸一さんは社会人のプリンスホテル時代、宮本慎也と一緒にプレーした・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

道具の流儀

プロフェッショナルたち(選手、コーチ、スタッフ含む)のこだわりの道具、ギアをクローズアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー