週刊ベースボールONLINE

道具の流儀 2017

楽天・安樂智大 ZETTのグラブ 感謝の想いを詰め込んだ硬くて重いパートナー

 

開幕こそケガで出遅れたが昇格後は先発の枠を奪わんばかりの好投を見せている。少ないチャンスで結果を残すため、ぬかりない準備を行う安樂智大のグラブには、忘れてはいけない大事な想いが刻まれている。
取材・文=阿部ちはる、写真=大賀章好、BBM


 先発投手がマウンドに上がるのはほぼ週に一度だ。その限られた機会に、チームの勝利を背負い、自身の今後も左右される。だからこそ、その登板に懸ける想いは強い。

 安樂智大は登板前日、必ず身の周りを掃除する。「全部きれいにしないと気持ち悪いので。自分のロッカーや寮の部屋、泊まっているホテルも、全部きれいにしてから試合に臨むようにしています。もちろんグラブやスパイクも」。きれい好きということもあるが、それ以上に・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

道具の流儀

プロフェッショナルたち(選手、コーチ、スタッフ含む)のこだわりの道具、ギアをクローズアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー