週刊ベースボールONLINE

道具の流儀 2018

中日・荒木雅博 ミズノのグラブ 他人には使いこなせない。名手・荒木“専用”グラブ

 

昨シーズン中に史上48人目の2000安打を達成。昨季までの通算378盗塁と併せてオフェンス面での実績も確かに輝かしい。そしてゴールデン・グラブ賞6度の、華麗で堅実なセカンド守備が何度チームを救ったことか……。今回は、そんな荒木雅博の逸品をピックアップ。名手にしか使いこなせない“専用”グラブだ。
取材・文=坂本匠、写真=大泉謙也


 プロ入り23年目を迎える名手も、若手時代はさまざまな経験を積んでいたことをご存じだろうか。一軍デビューは2年目の1997年だが、外野手での出場が多く、完全に内野手1本に絞られたのは2003年、山田久志監督最終年のことだ。井端弘和(現巨人コーチ)との二遊間、つまり“アライバ”コンビで球界を席捲するのは、翌04年に落合博満監督が就任して“1点を守り勝つ野球”を掲げて以降(11年までに日本一1度、リーグV4度)のこと。この間、荒木雅博自身も04年から6年連続ゴールデン・グラブ賞を受賞するなど、守備の名手としての地位を確固たるものにしている。

 職人技の守備を可能にするグラブは「最近になって行きついた形。タイトルをいただいていたころも、毎年、毎年、微調整を繰り返していました」と言うほど、妥協のない逸品だ。ただし

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

道具の流儀

プロフェッショナルたち(選手、コーチ、スタッフ含む)のこだわりの道具、ギアをクローズアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング