週刊ベースボールONLINE

道具の流儀 2018

日本ハム・村田透 ミズノの投手用グラブ 遊び心と謎(!?)が詰まった異彩を放つ赤いグラブ

 

日本球界に復帰して2年目。メジャー仕込みの巧みな投球術でもはやチームに欠かせない存在となった村田透。そのピッチングを陰で支えているのが色鮮やかな赤いグラブ。誕生のきっかけは、母校の大先輩で目標にもしている“あの選手”からのひと言だった。
取材・文=松井進作、写真=山口高明、BBM


 赤い革に青い紐(ひも)。側面にはゴールドとシルバーの星が施され、手入れの部分には謎(!?)の「$マーク」が刺しゅうされている村田透のグラブ。じっくりと見てもらえば分かるが、全体を覆う革にもメッシュ素材が所どころに使用されるなど、至るところに創意工夫と本人が今回の取材中に何度も口にした“遊び心”が散りばめられている。

「いまでこそこんなド派手な赤いグラブを使っていますけど、昔は地味なものが好みでした。そんな僕の意識を変えたのは大先輩からの言葉なんです。そこから野球人生も紆余曲折あって、グラブも試行錯誤しているうちに最終的にこんなになっちゃいました(笑)」

 その先輩の名は同じ大体大出身の上原浩治(現巨人)。メジャー時代を含めて村田が・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

道具の流儀

プロフェッショナルたち(選手、コーチ、スタッフ含む)のこだわりの道具、ギアをクローズアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング