週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

鈴木誠也外野手・守備に開眼した21歳の若武者

 



 大粒の汗が充実感を物語っていた。3年目の鈴木誠也にとって、攻守走すべてで収穫の多いキャンプとなった。「なるほど、と思うことだらけでした」と語るのは外野の守備だ。開幕前まで内野手登録で、昨季は内野手としての出場も多かった。今季の出場はすべて外野だったが、記録に残らないミスが目立った。「本格的に教わったことがなかった」と言う若武者にとって、西武から加入した河田外野守備・走塁コーチから受けた刺激は大きかった。

 俊足で強肩と、元来高かったポテンシャルに意識の変化が加わった。「フリー打撃で守っていると、バッターを囲うゲージの上に当たったときに1歩前に出られているか、と言われた。そんなこと考えたこともなかった」。河田コーチは内外野の間に落ちるポテンヒットをなくすため、前の打球の処理を求める。頭を越されることを恐れていた鈴木誠の意識も変わった。実戦で経験を積み、守備者としてのレベルを上げていく。

 打撃では確かな感覚を追い求めている。今季は打率.275、5本塁打。「なかなか難しいところも多いです。いろいろ試してやっています。自分に合うものを探しています」。ひとたびバットを握れば、求道者となる。キャンプでは手にテーピングを施し、夜が更けるまでバットを振り込む姿があった。目指すは開幕スタメンから、打率3割だ。

 球団は新外国人外野手・プライディを獲得。鈴木誠にとってはライバルが増えることになった。「パワーでは勝てないので、守備、走塁の面では必ず」。緒方監督の秘蔵っ子とも言える若き力だ。躍動はチームの順位、将来にもつながると言っていい。

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー