週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

日本ハム 飯山裕志内野手・いぶし銀のスペシャリスト

 



 唯一無二の価値を放ち、チームNo.1の長寿選手になった。バイプレーヤーのスペシャリストが飯山裕志だ。今季で日本ハム一筋19年目を迎えた。鹿児島・れいめい高から入団。世代交代が激しい球団カラーの中で、異色の存在になった。後輩たちから「ユウジさん」と呼ばれ慕われる職人肌の男。昨季限りで現役を引退した中嶋聡GM特別補佐が抜け、最年長という立場になった。

 球界を見渡しても、特長は際だつ。プロ入り以来、1度もレギュラー定着を果たしていないが、息は長い。リーグ連覇した07年の105試合がシーズン出場のキャリアハイ。その時の打席数「55」が示すように他の追随を許さない守備固めという特殊な役割を担ってきた。主に出番は接戦勝利が期待できる試合の終盤。ミスが許されない緊迫のシーンで、グラウンドに立ち続けてきた。

 昨季は75試合の出場で無失策。主に守備に不安のあるレアードに代わり、投入されてきた。「振り返れば守備機会も少なかった。そんな中でもミスなくできたのは、自分でも評価できるかな」。少しの自己満足はあるが、1人の選手としての純粋な野望。長い間、かなえられずにいるレギュラー奪取という悲願がある。今季は「もっと試合に出ないと駄目ですね」とムチを入れた。

 献身的で実直な背中で若手たちの人望を集める。寡黙だが、野球に取り組む姿勢は一貫している。栗山監督も「ユウジがいることが大きい。いいお手本になる」と一目置く。主力は20代が中心で、少しのつまずきで乱れかねないチームの和。「チームとして、そろそろ結果を残さないと」。独特の求心力で束ねていく。

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング