週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

阪神 岡崎太一捕手・遅咲きの正捕手候補として

 



 もっとも充実した遅咲きの春になった。プロ12年目にして初の開幕スタメンを勝ちとった岡崎太一が、ベンチから信頼を得て正妻の座をつかむために奮闘している。

「これまではチャンスをもらってもそれを生かせなかった。(今は)どうやって抑えようか、打ちとろうかに集中しています」

 昨季も一軍は1試合、ファームでも30試合出場にとどまった。過去11年間41試合に出場のみの「新顔」といっても過言ではない。

 3月25日の中日との開幕戦(京セラドーム)ではメッセンジャーとコンビを組んだが勝てなかった。ただバットでは4年ぶりに一軍でヒットを放った。26日の同カードは能見からマテオまで4人のピッチャーをリードして、チームを勝ちに導いた。7年ぶりに打点をマークするなど打撃でもしぶとい働きをみせたのだ。

 岡崎を評価してきた矢野作戦バッテリーコーチが「本当にキャッチャーが信頼されるのは守りだから」というように、ここからは点を与えないリードも課題になってくる。

 2005年松下電器から自由枠で阪神入り。その後は頭角を現すことなく埋もれていた男に、金本監督は「やり通す根性を持っているから助言したくなる」と手を差し伸べた。

 藤川、藤浪らが先発した際には若手の梅野が先発マスクをかぶった。当面はツープラトン起用になる。

「打つことより守りに重点を置いて貢献したい」と岡崎は力を込める。瀬戸際にいた男は、ここからさらにはい上がっていくつもりだ。

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング