週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

楽天・田中和基 足のスペシャリストへ

 

自身の武器の一つである俊足を生かしたい



 チームトップクラスの俊足で、ベンチに選択肢を与えている。田中和基は、わずか45試合の出場でチーム2位の6盗塁をマーク。スイッチヒッターながら長打力を秘めたバッティング、強肩を生かした守備力にも魅力はあるが、代走を含め、走力で最も多くの見せ場をつくっている。

 8月4日のロッテ戦(Koboパーク宮城)だった。楽天・岸、ロッテ・酒居の投げ合いで1対2とリードを許した8回、二死から代打・枡田が出塁すると、代走として登場。3度けん制されながらもスタートを切り、二塁を陥れた。「あれが、足ではここまでのベストプレー。3回けん制を受けてスタートできた。集中できていた」と語った。

 大きな失敗も経験した。9月3日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)、両軍無得点で迎えた7回、一死からアマダーが四球を選ぶと代走に起用された。果敢に二盗を狙ったがプロ初の盗塁失敗。「(投手・和田の)3度のけん制でポイントを見つけてスタートしたけど、そこでは遅かった」。結果的にスタートが遅れたことを映像でも確認。今後に生かしていく。

 森山外野守備走塁コーチは「スタートを切る勇気が一番の長所。スピードがあってスライディングも強い。伸びしろも十分」と期待する一方で、「怖いもの知らず。まだ状況が把握できてない」と課題も挙げた。足の運び、リード、体重のかけ方と技術面での改善の余地も多い。プロでの経験を積み、真のスペシャリストへ成長する。

写真=湯浅芳昭

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング