週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

楽天・松井裕樹 3年連続30セーブの貢献度/どうなる?契約更改

 

故障離脱もあったが、それでもしっかりと結果を残した



 大台突破は確実な状況だ。今季年俸9000万円だった松井裕樹は、52試合に登板し3勝3敗、33セーブ、防御率1.20。昨年の契約更改の際に「3年やって一人前と言われたので、そうできるように頑張りたい」と話したとおり、3年連続30セーブを達成し、守護神として前半戦首位を走ったチームを支えた。

 ほぼ完璧な前半戦だった。4月29日の日本ハム戦(札幌ドーム)、同点で登板しサヨナラ負けを喫したが、7月までの自責点はこの1点だけ。プロ野球17人、18度目の記録となる3者連続3球三振をマークするなど、目標に掲げていた40セーブは通過点と思えるペースで、チームに白星をもたらしていた。

 しかし、7月下旬に左肩後部の筋肉部分損傷で約1カ月の離脱。10月にはCS へ向けての調整を優先するためとはいえ、左ヒジの違和感で再び登録を抹消された。それでも、CSではファーストステージ第2戦からファイナルステージ第2戦まで、チームが4連勝したすべての試合で9回に登板。リードを守り抜き、最後まで仕事を果たした。

 来季は高卒5年目になる。高卒5年目までに1億円の大台を突破すれば、楽天では田中将大の4年目に続く2人目の快挙となる。ここ3年間で96セーブは、DeNA・山崎康と並び、サファテに続く2位タイ。直近の3年連続30セーブ以上は、ソフトバンク・サファテと2人だけだ。文句なしの3年間の積み重ねで、どこまでアップするのか注目される。

写真=湯浅芳昭

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー