週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

巨人・畠世周 エースに弟子入りで目指すは2ケタ/増した責任感

 

オフは菅野智之に弟子入りし、来季の飛躍を誓う巨人畠世周


 後半戦の大健闘で、周囲の畠世周を見る目は大きく変わった。昨年のドラフト2位で入団した右腕は、来季はシーズンを通してのフル回転を期待されている。

 ドラフト指名後に右ヒジのクリーニング手術を受け、春季キャンプは三軍スタート。長いリハビリを経て、7月19日の中日戦(ナゴヤドーム)でプロ初勝利を挙げた。すると後半戦は先発ローテーションの一角を担い、13試合の登板で6勝4敗、防御率2.99と巻き返しを図るチームを支えた。

 1年目から終盤戦のCS争いを経験。しかし、9月30日の阪神戦(東京ドーム)では、上本博紀への頭部死球で危険球退場。翌10月1日の同カードで救援登板したが、3回2失点と悔しさを味わった。とはいえこれらの失敗も「新人ながら、終盤の緊張感がある場面で投げさせていただいた」と、成長の糧にすることを誓っている。

 11月の宮崎秋季キャンプでは一度もブルペンに入らず肩を休ませた。木村龍治投手兼トレーニングコーチから内転筋の強化をテーマに課され、さらに体幹強化にも勤しんだ。オフは今季、沢村賞を獲得したエース・菅野智之のハワイ合同自主トレに同行する。「私生活の部分もしっかり見たい。先発ローテで1年間投げるために、食事とかだけでなく、寝る前にこうしているとか、聞いたり見たりしてまねしていきたい」と、積極的にエースから学ぶつもりだ。

 菅野、田口麗斗らとの若き先発陣でチームの未来を託される畠。2年目のジンクスにぶつかっているヒマはない。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング