週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

完成度の高さが光るオリックス・山本由伸/2018年期待度NO.1

 

2017年8月31日にプロ初勝利を挙げるなど、ルーキーイヤーから着実に経験を積んだ


 背番号43がマウンドに上がるたびに期待がふくらむ。

 151キロ超の速球に、カットボール、スライダー、カーブの変化球をコーナーに突く制球力。昨季8月までに登板したファーム8試合で、33回2/3を投げて自責1、防御率0.27と完成度の高い投球で、抜群の安定感を示すなど、高卒新人右腕が強烈にアピールを続けていた。

 すると、8月20日に一軍昇格を果たす。同日のロッテ戦(京セラドーム)。舞台を一軍に移しても、臆することなく腕を振り、堂々たるデビューを飾る。最速152キロを計測した直球にスライダー、ツーシームの変化球も巧みに織り交ぜ、相手打線に的を絞らせない。さらに投球の幅を示したのは1点リードの5回表だ。

 一死満塁で打席に井口資仁を迎え、カウントは3−1となるも、捕手のサインに首を振り、スライダーを投じて空振りを奪取。さらにフルカウントからもスライダーを投じて三ゴロ併殺に。変化球の精度の高さも示し、自身に勝敗こそつかなかったが、5回1失点と好投を披露した。

 再びロッテ打線と対峙した8月31日(ZOZOマリン)では、5回4安打2失点でプロ初勝利をマーク。9月26日の日本ハム戦(京セラドーム)の初回には、大谷翔平を含む3者連続で空振り三振を奪うなど、すでに投じるボールのレベルの高さを証明済みだ。

 エース・金子千尋西勇輝山岡泰輔らを筆頭に、先発候補が多数ひしめき、熾烈な競争が予想されるが、先発ローテの一角を担えるだけの技量は十分。新人王の資格も残す2年目、20歳の若武者が、オリックスの次代のエースに躍り出る。

写真=松田杏子

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング