週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

ロッテ・加藤翔平 外野の激戦区を制す/二番打者の矜持

 

背番号も10となり2018年にさらなる飛躍を期す加藤


 昨年飛躍への足掛かりをつかみ、今季二番打者の筆頭候補として挙げられるのが加藤翔平だ。就任時から「足を使った野球」を掲げている井口資仁新監督は「一、二番にはガンガン走れる人を置きたい。翔平が二番にいれば下位打線にも厚みが出るのかな」と口にしている。塁に出てかき回す、そんな役割が期待されている。

 加藤の昨季、二番でのスタメン出場はチームトップの荻野貴司(47試合)に次ぐ22試合。そのほかにも退団が決まったサントスが14試合、巧打の角中勝也が8試合など、実に18人もの選手が二番のスタメンに名を連ねた。その中で交流戦明けからレギュラーに定着した加藤は、勝負強い打撃と足を生かして確かな存在感を示した。

 それでも7盗塁という数字は寂しさも残り、「走ることができれば得点できるチャンスは増える。盗塁にこだわってやっていきたい。井口さんが今は『アウトになってもどんどん走っていい』と言ってくださっているので、まずは企図数を増やして行けるときは行く姿勢を持ちたい」とどん欲だ。

 とはいえ、まずはレギュラーを確固たるものにすることが第一。外野は激戦区で、角中や荻野に加え、復活を期す岡田幸文清田育宏、成長株の肘井竜蔵、さらに新人の菅野剛士も加入する。両打ちという武器を生かすためにも、右打席での確実性を上げることも必要となる。「全部レベルアップしないといけない。イチからのスタートで誰にも負けない気持ちを持ちたい」と目の色を変えている。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング