週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

ロッテ・鈴木大地 「C」マークがなくなっても/リーダーの決意

 

鈴木が攻守にチームをけん引することに変わりはない


「主将」という肩書きこそなくなっても、今年もロッテを引っ張る男は鈴木大地だ。「やることは変わらない。4年間いい経験をさせてもらったと思っているが、どうだったかが出るのは今年の僕自身の動き。キャプテンが終わったからダラけていると思われたくない」と気合を入れている。

 井口資仁新監督が就任した昨年11月の秋季練習時に「(2018年は)キャプテンを置かない」と伝えられた。指揮官が「全員がキャプテンでいてほしい」という思いを込めて決めたことだった。年齢や実績は関係ない。各選手に自覚を促すためのものでもある。

 鈴木はプロ2年目で144試合に出場してレギュラーの座をつかみ、3年目の翌年に24歳という若さで伊東勤前監督から主将に任命された。「前に出て行こうと思っていなかった」という若者は、ガムシャラに「主将」としてプレーを続けた。

 4年間重責を担い、昨年はチームが低迷する中でも、ベンチで必死に盛り上げ、積極的に若手へ声を掛け続けた。誰もが認めるキャプテンとなり、「今の僕があるのはすべてキャプテンをやってきたから。何よりチームのために頑張るようになれた」と話す。

 異例の2年連続コンバートで今季は三塁を守ることも決まり「チームもファンも魅了するプレーヤーになりたい。最高のサードになりたいし、元気のあるサードになりたい」と気持ちを新たにした。背番号7の胸に「C」マークはないが、ホットコーナーからチームを盛り上げていく。

写真=高塩 隆

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング