週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

広島・カンポス 外国人枠争いを制す/注目の新戦力

 

中継ぎとして期待されるカンポス


 ベネズエラ出身の右腕、レオネル・カンポスが少しずつ調子を上げている。1月末に来日し、一軍キャンプに参加。リーグ2連覇中のチームにあって、新戦力はカンポスとドラフト加入の新人のみ。新人全員がキャンプ二軍スタートという事情を考慮すれば、メジャー通算38試合の登板経験がある新助っ人にかかる期待は大きい。

 2月4日に初めてブルペン入り。188センチの長身から投げ下ろす直球には角度があった。緒方孝市監督が「バランスのいいフォーム」と言えば、松田元オーナーも「チェンジアップがいい。いい位置から落ちる」と評価。カンポス本人も「初めての日本のキャンプで戸惑いはあるけど、順調にきているよ」と笑顔で話した。縦変化のスライダーも大きな武器だ。

 サインを求めるファンに気さくに応じ、日本人選手ともコミュニケーションを図っている。来日して1週間ほどは、毎日違う日本食にトライしたという。「すし、焼きそば、刺し身。全部おいしかったよ」。そんな積極的な姿勢には好感が持てる。

 キャンプ中盤からはフリー打撃に投げ、肩が仕上がってきた。沖縄2次キャンプの21日は、コザしんきんスタジアムで行われたロッテとの練習試合で初実戦。1回を投げ、2三振を奪って無失点で終えた。

 ジョンソンジャクソンバティスタエルドレッドらとの外国人枠争いは激しい。起用法は中継ぎと明言している緒方監督に、今後もアピールを続ける。

写真=BBM

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング