週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

ソフトバンク・本多雄一 焦らず、自分を信じて/生き残りにかける

 

筋力がアップした本多。3月6日の西武とのオープン戦(ヤフオクドーム)では逆方向弾でアピール


 2年連続の盗塁王に輝いたスピードスターも、年々、立場は厳しくなっている。今年でプロ13年目。「春は結果を残さないといけない」と日々の成果に向き合う。正二塁手の座を奪還すべく、本多雄一が戦い続けている。

 昨季は62試合出場にとどまり、打率.213と自身ワーストの数字が残った。「チームが優勝し、日本一にもなれたのは良かったけど、個人成績には悔しかった。取り返したい」。6月に発症した首痛が出場機会減の一因ながら、根本はやはりバット。打率2割に満たない低空飛行で夏を前に再調整となったのが端緒だった。

 オフは徹底的に打ち込んだ。崩されるもろさ、甘めを捉えきれない不確実を正すべく、体幹強化を並行した。「打てないと試合に出られない。守備・走塁も大事だけど、バッティングで結果を残さないと二塁は守れない。いい選手ばかり。頭一つ抜け出す」。

 ライバルには川島慶三高田知季らがいて、さらに楽天からトレードで加わった西田哲朗工藤公康監督から春季キャンプのMVPに選ばれるほどアピールした。「人は見ていない。自分がどうあるべきか。焦らず自分がやってきたことを信じてやりたい」。その言葉は本音ながら、強くそう意識しようという思考の裏返しでもある。

 周りが見えないキャリアではない。事実、求められれば西田にアドバイスも惜しんでいない。その上で「自分が活躍したい」と言う。あえてワガママに振る舞う2018年にするつもりだ。

写真=湯浅芳昭

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング