週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

DeNA・梶谷隆幸 大きい喪失感。背番号3がいない現在/生え抜きの意地

 

オープン戦を最後に実戦から遠ざかる。現在は二軍でリハビリ中だが、経験のある生え抜きの存在はペナントを戦ううえで欠かせない


 いることが当たり前だったからやはり、喪失感は大きい。2011年を除き、DeNAが11年ぶりに本拠地・横浜スタジアムで迎えたヤクルトとの開幕戦(3月30日)。定位置だった右翼のポジションに、梶谷隆幸の姿はなかった。

 異変が起きたのは、オープン戦最終戦だった25日の西武戦(メットライフ)。試合前練習のキャッチボール中に背中を痛め、出場も見送られた。キャンプから二軍調整。昨年から悩まされていた右肩痛の回復を優先してきたラミレス監督は「今後の状態を見て、どうするか判断したい」と厳しい表情を浮かべた。開幕直前のアクシデントは想定外。当初は脇腹への影響も心配され、間に合わせるには時間が足りなかった。

 07年に高校生ドラフト3巡目で横浜(現DeNA)入団。今年8月に30歳を迎える。生え抜きの代名詞的存在だった三浦大輔が現役を退き、野手ではプロ14年目の石川雄洋(7月に32歳)に次ぐ古参となった。

 13年に77試合で打率.346、16本塁打と台頭し、外野に転向した翌14年からレギュラーに定着。同年に盗塁王のタイトルを獲得するなど、看板選手として着実に足固めをしてきた。梶谷本人が一番、悔しさを感じているはずで「競争は毎年ある。自分の力でポジションは勝ち取らないといけない」と心を熱く燃やしている。一昨年のCSでは左手薬指の骨折を押して出場を続け、昨年の日本シリーズでも本塁打を放った。輝ける場所は、いくらでもある。

写真=前島 進

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング