週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

DeNA・神里和毅 足で示したベイ打線の新しい形/春の収穫or誤算

 

疲れもあるのだろう。5月に入りスタメンを外れる試合もあるが、自慢の足は試合の流れを変えられる大きな武器だ


 5月3日の阪神戦(甲子園)に敗れ、4位に転落したDeNA。しかし、4月には17年ぶりとなる8連勝を記録してセ・リーグ序盤戦をリードした。ラミレス監督は「他球団も今年のベイスターズは違うなと思っているだろう」と言う根拠には、就任3年目で大幅な改善を見せている機動力にある。

 開幕から26試合を消化した時点でチーム盗塁数23はリーグトップ。昨季は同ワーストの39盗塁に終わったことを考えれば、今季のベイスターズ打線はまったく違う攻撃が展開されていると言えるだろう。ルーキー神里和毅が9盗塁を稼ぎ、阪神からFA移籍した大和と同じく新人の宮本秀明が3、楠本泰史が2と、そのほとんどが新戦力によるものだ。

 開幕3戦目から一時、一番に定着した神里はヤクルト山田哲人と並んで盗塁数トップに着け、ベイ打線の新たな攻撃の形を生み出した。4月6日の広島戦(マツダ広島)では1回に単打で出て二盗。二番大和のバントで一死三塁をつくり、内野安打で先制点を奪った。三番・筒香嘉智の犠飛もすでに3つ。四番・ロペス、五番・宮崎敏郎とリーグ屈指の破壊力を持ち合わせながらも、堅実に1点を取る戦い方ができている。

 2014年に50犠打を記録した大和は「細かい野球は計算できる」と言い、ラミレス監督は「相手バッテリーが盗塁を気にして、クリーンアップに対する失投が増えている」と機動力が攻撃全体に生み出す効果に手応えを示す。キャンプから取り組むスモールベースボールが着実に芽を出している。
写真=大泉謙也

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング