週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

オリックス・山足達也「また一から頑張ります」/ここから巻き返す

 

一軍に復帰した5月8日の日本ハム戦で2安打3打点の活躍。チームの勝利に貢献した


 ケガで手放した、つかみかけたレギュラーの座をもう一度奪いにいく。

 ドラフト8位ルーキーの山足達也が、再度、正二塁手定着を狙っている。「二番・二塁」で開幕スタメンを手にしたが、左ヒザを負傷し、わずか4試合で二軍降格。ファームではリハビリを終えて実戦に復帰し、リベンジへ「ケガをしたことは仕方ない。切り替えて、パワーアップして戻ってきます」と決意を示していた。

 充実のスタートを切ったはずだった。福良淳一監督が「直球にも強いし、足も使える」と太鼓判を押すルーキーは、3月30日のソフトバンクとの開幕戦(ヤフオクドーム)では、開幕スタメンに抜てき。期待に応えるように、第1打席で相手先発・千賀滉大からプロ初安打もマーク。しかし、4月3日のロッテ戦(京セラドーム)、7回に二盗を試みた際に二塁手・中村奨吾と交錯し、左ヒザを裂傷。12針を縫うケガで翌日に二軍降格となった。

 ファームでは4月22日のソフトバンク戦(雁の巣)で公式戦初アーチを放ち状態も「もう何ともありません」と万全。コンスタントに成績を残すことを課題に、打撃でもアピールを続けた。

 昨シーズン、リーグ最少33盗塁に終わったチームにとって、走塁強化をテーマの一つ。俊足の山足は、攻撃力向上のキーマンでもある。開幕スタメンが示すように期待度は高いが「(開幕スタメンのことは)気にせず、また一から頑張ります」。その言葉どおり、一軍に復帰した5月8日の日本ハム戦(京セラドーム)では昇格即スタメンで2安打3打点の活躍。チーム、そして自らも“巻き返し”へ再スタートを切った。

写真=毛受亮介

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング