週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

広島・菊池涼介 野生の勘が源。ヒット3本の価値がある二塁守備/守備職人のプライド

 

究極の目標は失策ゼロだという菊池


 誰もが認める職人と言えば、菊池涼介だ。守る範囲は広大。また強肩によって幾多の併殺を完成させる。その二塁守備は「忍者」とも形容される。1球ごとに位置取りを変えながら、安打と思われた打球を平然とさばく。天才的なポジショニングについて「もう何年も前から、指示されたことはない。自分なりに考えながらやっている」と明かした。まさに全幅の信頼を寄せられている。

 首脳陣は高い守備力の源について「野生の勘」と口をそろえた。緒方孝市監督は賛辞の嵐だ。

「あの守備力は本当に大きい。どれだけチームを救ってくれているか。経験と能力。野性的な勘だろうな。感性が素晴らしい」

 玉木朋孝内野守備・走塁コーチも「野生とも言えるような勘がすごい。打てなくても、守備だけでヒット3本くらいの価値がある」と感嘆する。

 今季も華麗な守備でファンを沸かせている。4月28日の阪神戦(マツダ広島)では8回、伊藤隼太のフライを猛追。中堅の定位置少し前でボールをつかみ取り、失点を阻止した。5月21日現在、全試合スタメン出場して無失策。正確性も際立っている。

 昨オフにはこんな目標を掲げた。

「全試合フィールドに立って仕事をまっとうしたい。失策ゼロは究極の目標」

 守りからリズムをつかみ、5月に入って打撃も上向き。緒方監督の基本方針である「守り勝つ野球」を、先頭に立って体現する存在だ。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング