週刊ベースボールONLINE

オーロラ・ビジョン

阪神・馬場皐輔 先発ローテの座を何としてもつかむ/ルーキー中間報告

 

6月21日の一軍デビュー戦は合格点の投球だった馬場。いつ呼ばれても投げられるように準備している



 即戦力ルーキーといわれた馬場皐輔の一軍デビューは、交流戦にとなった6月21日オリックス戦(甲子園)だった。

 ここまで投高打低のチームは、メッセンジャー、秋山が先発ローテーションの中心で、ほかの若手が競争しているが、そこに割って入るのは至難だった。

 ただ、今後を考えれば若手の一人として馬場の初登板は注目の的だった。当日は雨天中止の順延となったゲームで、初先発のチャンスが巡ってきたのだ。

 初登板の内容は、2回にロメロに特大本塁打を浴びた1本だけで、6回を5安打1失点に抑えた。馬場は「いい経験だった」とプロのレベルを味わった。

 金本監督はドラフト1位の投球に「合格点」を与えたが、一軍に残って先発ローテーション入りするまでには至らなかった。

 沖縄・宜野座キャンプでは一軍スタートも、オープン戦に入ってファーム落ち。その後、ウエスタン戦では好成績を残してきた。

 特に馬場は「ストレートが良くないと抑えられない」と直球に磨きをかけることを意識し、一軍戦力になることを目指してきた。高橋二軍投手コーチが「打者に向かっていって、ボールの力で勝負できる」と評価するように、二軍で結果を残して、再び一軍からのお呼びが掛かるのを待つ。

 馬場は「強いストレートを低めに投げること、コースを突くこと、走者を出して簡単に点をとられないこと」と課題を明確にして、先発の座を奪いにいく。

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング