週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

中日・鈴木博志 竜の剛腕、抑え転向へ/ルーキー中間報告

 

チーム最多登板の鈴木博。7月7日には初セーブを挙げた


 竜のルーキーでただ1人、フル回転を続けている。ドラフト1位の鈴木博志は、中継ぎでブルペンを支えていた。

 新人で唯一、開幕一軍スタートを切った。150キロを超える直球を連発し、130キロ台中盤のカットボールでタイミングを外しながら、打者をねじ伏せてきた。4月21日の広島戦(ナゴヤドーム)では同点の8回二死二塁で代打・鈴木誠也と初対戦。カットボールで空振り三振を奪い、ピンチをしのいだ。

「誠也さんが代打で出てくる計算をして準備していました。すごい打者との対戦だったのでワクワクしていた」

 続く9回も、コイの「タナキクマル」こと田中、菊池、丸の一〜三番トリオを3人で抑えた。プロ初勝利が舞い込んだだけでなく、球団の新人最長記録となる開幕から8試合連続無失点もマークした。

 懸念されていたのは疲労の蓄積だった。交流戦に入ると登板8試合すべてで走者を出し、うち6試合で失点した。

「下半身が粘れず、体の開きが早くなって、思うところに投げられなくなってきた」

 疲労からフォームも崩していた。交流戦後の投手練習では朝倉健太投手コーチとマンツーマンで、約1時間にも及ぶ内野ノック。「この間に、あらためて体を作り直して修正したい」と残りのシーズンに備える体に刺激を入れた。

 6月28日のヤクルト戦(神宮)で、クローザーの田島慎二山田哲人にサヨナラ本塁打を浴びるなど3試合連続でセーブ失敗(2敗)すると、森繁和監督は「抑え失格」を示唆。そこで白羽の矢が立ったのは、勝ち試合、同点の場面、ビハインドでの登板と、あらゆる場面を経験している鈴木博だ。7月7日のヤクルト戦(ナゴヤドーム)では、3点リードの9回に登板し初セーブ。翌8日の同戦でも2セーブ目を挙げた。

 着実に経験値を蓄える新人右腕。さらなる成長が楽しみだ。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング