週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

広島・中村祐太 3勝後に内容一変。「実質2年目の壁」に悩む/2年目の明暗

 

実質2年目の壁に苦しむ中村祐太



 今季は先発ローテーションの一角と期待された右腕・中村祐太が苦しんでいる。4月18日のヤクルト戦(マツダ広島)7回1失点から、開幕3戦3勝の好スタート。同24日のDeNA戦(横浜)では9回途中2失点で2勝目を挙げた。「長いイニングを投げられたことは自信になった」。プロ初完投はあと2人で逃したが、5回まで無安打の快投だった。

 5月1日の巨人戦(マツダ広島)でも白星。だがそこから急降下した。球団の日本人投手では2000年佐々岡真司以来となる開幕4戦4勝を狙った同15日の中日戦(ナゴヤドーム)はプロワーストの3被弾で6失点。その初黒星を境に、内容が一変した。ほぼ中6日で先発を続けたが敗戦続き。7試合で3勝4敗。防御率は6点台後半まで落ち込み、緒方監督から「あんな情けない姿だったら、もう1回、下で頑張ってもらうしかない」と二軍降格を命じられた。

 昨季は鮮烈なデビューだった。5月にプロ初登板初勝利。そこから一気に3連勝し、5勝4敗で終えた。オフは昨年12月にドジャース・前田健太と同じ施設で練習する機会があり「体の使い方がうまい」と刺激を受けた。また左打者対策としてシンカー習得にも取り組んだ。実質2年目となるプロ5年目の今季は飛躍を期したが、壁にぶち当たってしまった。

 6月以降はファームで先発。直球の向上を中心とした課題に取り組んでいる。緒方監督は後半戦を前に、同じく不振の薮田とともに「大きなポイント」と掲げた。苦しい一軍投手陣の台所事情を助ける日が、きっと来るはずだ。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング