週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

ロッテ・平沢大河 外野挑戦で出場機会をつかんだ大器/甲子園のヒーローは今

 

外野でレギュラーに定着しつつある平沢


 貪欲な姿勢でついに才能が開花しつつある。宮城・仙台育英高からドラフト1位で入団して3年目の平沢大河は、オールスター前からスタメン出場の機会を増やし、上位進出を争うチームの貴重な戦力になっている。

 仙台育英高3年の2015年夏は甲子園で3本塁打を放つなど、チームを決勝に導いた。決勝の東海大相模戦でも2安打1盗塁をマークしたが、東北に初の優勝旗を持ち帰ることはできず「負けた悔しさのほうが多く残っている」という。

 打てるショートとして多くの期待を集めてロッテに入団した。今季は本職での出場がほとんどないが、7月になって外野の先発を勝ち取った。キャンプのときには持っていなかったファーストミット、そして外野用のグラブを新調し、練習では内外野を忙しく走り回る。「簡単には慣れないけれど、どこであれ使ってもらえるのがありがたい。精いっぱいの準備をして臨んでいる」と充実の汗を流す。

 外野守備担当の大塚明コーチは「本質的な打球判断はまだ無理だが、キャンプでもやっていない外野でよくやっている。センスはあるし食らいつく姿勢がいい」と温かく見守っている。

 7月7日の日本ハム戦では本拠地ZOZOマリンスタジアム初本塁打を放つなど、打撃も着実にプロレベルへ順応してきている。打順は九番から二番、ときに一番も任された。打率は2割台前半だが、選球眼の良さが光る。「何番であれ塁に出ることが大事」と打ち気にはやらず、チームに貢献していく。

写真=BBM

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング