週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

巨人・A.ゲレーロ外野手 改心してようやく“補強の目玉”の真価を発揮/助っ人選手通信簿

 

長い期間二軍調整を行っていた昨季のホームランキングである巨人のA.ゲレーロは、今季はようやく15本に到達


 期待が大きい分、こんな成績では物足りない。A.ゲレーロはシーズン終盤で、ようやく“補強の目玉”の真価を発揮しようとしている。

 中日時代の昨季、来日1年目ながら35本塁打でセ・リーグの本塁打王に輝いた。今季からは契約金を含めて2年総額8億円(金額は推定)で巨人に加入。開幕から四番を務めたが、6月15日にコンディション不良を訴えて出場選手登録を抹消された。

 その後は二軍戦に出場しながらの調整。7月15日にはジャイアンツ球場で、一軍練習のため訪れる高橋由伸監督と現状報告の面談を球団フロントが設定。指揮官もその用意があったが、ゲレーロは「ここまで、話し合いというのはなかった。ゼロコミュニケーション。今日は話をする状況ではない」と拒否し、微妙なムードが流れた。

 それでも8月26日の阪神戦(東京ドーム)から一軍復帰すると、いきなりの11号ソロ。「良い角度で上がってくれたよ。チームに貢献したいと思っていたのでとてもうれしい」と“改心”し、翌28日の広島戦(東京ドーム)ではジョンソンから2戦連発となる12号ソロを放つなど、9月12日時点で15本塁打をマーク。11本がソロアーチという数字も目立つが(昨季はソローロと揶揄されていた)、CS進出に向け、不可欠な戦力になっている。

「自分のリズムが取り戻せてきている」と助っ人。一軍復帰後は定着しつつある“恐怖の六番”(9月12日は一番も!)として、主砲が終盤戦のチームを支える。

写真=BBM

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング