週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

西武・大石達也 来季こそ6球団競合右腕の本領発揮を!/来季の雪辱を誓う

 

フォームを固めてチームの勝利に貢献する活躍を誓う大石


 10年ぶりリーグ優勝の裏で、悔しいシーズンを過ごした。毎年のように悩まされていたケガをせず、シーズン通して投げられたことは非常に大きな収穫となったが、だからこそ、一軍登板10試合、9イニング、防御率7.00という成績に唇を噛む。

「単純に、抑えられなかった。悔しいシーズンでした」

 振るわなかった原因を、本人は次のように分析する。

「フォークが、今年はチェンジアップみたいな、緩い感じで落ちていた。そうなると良いところに決まっても打者は振ってくれないし、ゾーン内に投げたら打たれる。そんな感じがずっと続いてしまった」

 フォークのキレを取り戻すべく試行錯誤したが、結局、シーズン中に立て直すことはできなかった。

 その改善が、来季への最大の課題だ。あらためて今季を振り返ると、「真っすぐが悪くなって、フォークも悪くなった」と言う。そのため秋季キャンプは直球の精度向上に時間を費やした。今後、フォークに着手していく予定だが、一番のテーマはフォーム固めだ。

「フォークのときにどこかフォームが緩んだり、手先でコントロールしようとしたりするところがある。きちんと下半身を使って、かつ腕が振れないとキレのいいフォークは投げられない」

 投球フォームの中で負荷をかけるトレーニングで、体に覚え込ませていく。

 来季で9年目のシーズンとなる。

「もう結果を残さないと先がない。来年こそ、というよりも、ここ数年ずっとその気持ちでやっています」

 強い危機感とともに、来季の貢献を固く誓う。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング