週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

西武・辻発彦監督 主力が3人抜けるが連覇へ前進あるのみ/指揮官が見据える2019年

 

攻める気持ちで来季も戦うことを誓う辻監督


 優勝を果たした今季から、2019年はエース・菊池雄星、主将・浅村栄斗、チームの頭脳・炭谷銀仁朗という主軸3人が抜ける。辻発彦監督は「ライオンズから旅立っていく」と、それぞれを快く送り出したが、痛恨の極みであることは言うまでもない。さらに追い討ちをかけるように、先発ローテーションの一角だったウルフの退団も発表された。

 菊池、炭谷のバッテリーで挙げた14勝、打点王・浅村の127打点をどのように穴埋めしていくのか。「大きなピンチ」と危機感を抱きながらも、一方で指揮官は断言する。

「ピンチはチャンス!」

 これまで出場機会に恵まれなかった選手や若手には「大きなチャンスが回ってくる。今やらなければ、いつやるの?」と発破をかければ、今季一軍で活躍した主力たちにも「それぞれが少しでも成長すれば抜けた選手の穴は埋められるはず」とさらなる成長に期待を寄せ、現有戦力全員に奮起を促した。

 現時点では、新エースに今季最多勝に輝いた多和田真三郎、正捕手に森友哉、浅村が務めていた二塁手には外崎修汰の名が最有力候補に挙がるが、追い抜く選手が登場するか。新人も含め、来季の非常に楽しみなところでもある。

「絶対に、また誰かが出てきます。どうにかなります。どうにかします!」と辻監督。リーグ制覇を果たし、追われる立場として迎える来季、厳しい戦いになることは覚悟の上だ。だが、「われわれは上を見ていくしかない。受けるのではなく、攻める。攻める気持ちを持って来年も戦い続けます」。2連覇へ向け、前進あるのみだ。

写真=BBM

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング