週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

ソフトバンク・甲斐野央 まずはリリーフから、守護神へ/2019年このルーキーに注目!

 

2019年の目標に「新人王」を掲げた甲斐野


 ここ数年の投手事情を考慮してか、2018年秋のドラフトでソフトバンクは大卒・社会人出の投手を多く指名した。重視したのは“即戦力”。その中でルーキーイヤーから一軍戦力として期待がかかる筆頭候補が、ドラフト1位入団の甲斐野央(東洋大)だ。

 甲斐野の武器としてまっ先に挙がるのが、最速158キロを誇る直球。球速にはこだわりを持つ右腕は「やるからには160キロを出せたら」と大台突破に意欲を燃やす。そして、もう1つの武器が140キロ前後のフォークで、父・有生さん直伝のボールだ。この2つを軸に、リリーフで「一軍にずっと定着できるように」と意気込む。

 ただ、甲斐野が目指す“場所”はほかにある。

「将来的には抑えをやりたい」

 チームには『キング・オブ・クローザー』サファテと昨季サファテの不在を機に新守護神へと成長した森唯斗のセーブ王コンビがいる。それでも大学時代からクローザーを担ってきた甲斐野にとって9回は特別な場所。サファテ、森は越えなければいけない高い壁となるが、と同時にこれ以上ない生きた教材でもある。2人の先輩から多くを吸収し、次代の守護神へ。そうなれば鷹の9回は安泰だ。

写真=湯浅芳昭

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング