週刊ベースボールONLINE

Weekly Topic

阪神 上本博紀、楽々のランニングホームラン

 


 常に全力疾走を怠らない上本博紀内野手の基本に忠実な一面が大きな結果をもたらした。8月1日の広島戦[マツダ広島]の7回一死、広島の中田との対戦で一閃した打球はレフトフェンス際へ。これを広島の左翼の松山が捕球できず、足に打球が当たりカバーに来ていた中堅・丸の逆方向に転々とした。上本はこの時点で二塁ベース上まで全力疾走しており、その後は悠々とホームまで帰ってくるランニングホームランとなった。

「たまたまいいところに跳ねてくれました」と淡々と振り返った上本。阪神としては1998年7月4日の広島戦で坪井智哉(現DeNAコーチ)が記録して以来19年ぶりのランニングホームランとなった。

関連情報

関連カテゴリ

WEEKLY TOPIC

週刊ベースボール各球団担当がピックアップする注目ニュース。

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー