週刊ベースボールONLINE

Weekly Topic

楽天 アマダーが一矢報いる

 


 劣勢の中で一矢を報いたのは、メキシコの大砲・アマダー内野手だった。7月3日のソフトバンク戦(弘前)、7回に相手先発・千賀の外角高めの真っすぐをとらえると、打球は右翼席へ。0対5と劣勢を強いられる中、助っ人の2ランでようやく得点を記録した。「打ったのはストレート。年に一度の青森だからね。そういう試合で1本打てて良かったよ」。ベンチに戻ったアマダーはクールに振り返った。

 4回二死一、三塁の好機では空振り三振を喫していただけに、「よくやり返してくれた」と平石監督代行もそのバッティングを称えた。これが今季11号目。昨季は23本塁打をマークしているが、それを上回る成績を残すことができるか。

関連情報

関連キーワード検索

WEEKLY TOPIC

週刊ベースボール各球団担当がピックアップする注目ニュース。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング