週刊ベースボールONLINE

Weekly Topic

オリックス 吉田一将が“悪夢”の連日敗戦投手

 


 蓄積疲労は否めない。8月1日時点でリーグトップの49試合登板の吉田一将投手が、7月31日の楽天戦(京セラドーム)、翌8月1日の同戦で敗戦投手に。31日は2点リードの8回に、一死も奪えず4点を献上して逆転を許して4対6で敗戦。翌1日は2対2の同点で迎えた延長12回に二死一、二塁から2点適時打を浴びて連敗を喫した(2対4)。

 疲労を考慮され山本も二軍調整中、抑えの増井も制球が定まらない登板が続き、救援陣が崩れつつある。それでも福良監督の信頼は不変。「一将(吉田一将)や増井でやられたら仕方ない。必勝パターンですから」。まだ優勝、CS進出が断たれたワケではない。連夜の悪夢を再飛躍への発奮材料としてみせる。

関連情報

関連キーワード検索

WEEKLY TOPIC

週刊ベースボール各球団担当がピックアップする注目ニュース。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング