週刊ベースボールONLINE

Weekly Topic

ヤクルト 山田哲人 球団新の10試合連続打点

 


 山田哲人内野手が8月1日の広島戦(神宮)で、球団新記録となる10試合連続打点をマークした。7回二死一、三塁の場面で打席に入ると、九里のストレートを左中間に運ぶ適時二塁打。従来の球団記録は1997年の池山、2003年のラミレス、14年の川端による9試合連続だった。

 しかしこの日は先発のブキャナンをはじめ、投手陣が崩壊。今季ワーストとなる6被弾、大量13失点で敗れ、チームは3連敗。そのため山田哲も「特に何も思わないし、チームが負けたのが悔しい」と言葉少なだった。この日は初回に11試合連続安打となる右前打を放ち、3試合連続マルチ安打。苦しい投手陣を、山田哲を中心に強力打線が援護する。

関連情報

関連キーワード検索

WEEKLY TOPIC

週刊ベースボール各球団担当がピックアップする注目ニュース。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング