週刊ベースボールONLINE

Weekly Topic

巨人 内海哲也が7年ぶりに……

 

 内海哲也投手が7年ぶりにリリーフでマウンドに上がった。9月5日に富山で行われたDeNA戦、1点ビハインドの6回から2番手で登板し、2回3安打2失点に「緊張しました。あらためて中継ぎのすごさが分かりました」と神妙。マシソン、カミネロが故障のために帰国し、緊急事態のブルペン陣への“補強”ではなく、先発予定だった前日4日の同カード(金沢)が中止となり、次回の先発登板まで間隔が空くことを考慮しての措置だった。

 一方、ブルペン強化にはここまで先発で8勝を挙げている山口俊投手が回る(抑えが濃厚)こととなり、4日に一軍登録(二軍で再調整していた)されたが、3対6と敗れた5日の試合で出番はなかった。

関連情報

関連キーワード検索

WEEKLY TOPIC

週刊ベースボール各球団担当がピックアップする注目ニュース。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング