週刊ベースボールONLINE

Weekly Topic

ヤクルト 高橋奎二 5失点も前向き

 


 5回5失点のほろ苦デビューも、21歳のサウスポーは前向きにとらえていた。高卒3年目の高橋奎二投手が9月5日の中日戦(神宮)でプロ初登板初先発を果たした。4回、藤井に3ランを浴びるなどプロの洗礼を浴びる形に。それでもストレートは140キロ台後半を計時するなど、大器の片りんを示した。「腕を振って投げられたのは自信になる」。これまでは左肩や腰の故障を経験したが、ようやく迎えた晴れ舞台だった。チームが終盤に逆転したことで、自身の初黒星が消えるという幸運にも恵まれた。

 小川監督は「十分な投球だった。今後に向けて期待感が高まった」と評価。チームは今後、9連戦を控えていることから、次の登板もありそうだ。

関連情報

関連キーワード検索

WEEKLY TOPIC

週刊ベースボール各球団担当がピックアップする注目ニュース。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング