週刊ベースボールONLINE

Weekly Topic

ヤクルト それぞれの決意

 

 11月28日、都内で「2018東京ヤクルトスワローズ納会」が開催され、890人が参加。連盟表彰や後援会表彰、球団表彰などが行われた。

 後援会MVPに選ばれた山田哲人内野手は「何でも一番がいいので、どん欲に取れるタイトルは狙っていきたい。来季は歴史に名を刻むようなプレーがしたい」と意気込みを語った。また、後援会敢闘賞、球団敢闘賞を受賞した青木宣親外野手は「さらにステップアップして、日本一になれるように頑張る」と力強く宣言。そして小川淳司監督は「CSで次のステージに進むことができず、悔しい思いをした。来季は優勝を目指して頑張る」と決意表明した。たくましくなった燕が頂点を目指す。

関連情報

関連キーワード検索

WEEKLY TOPIC

週刊ベースボール各球団担当がピックアップする注目ニュース。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング