週刊ベースボールONLINE

野球写真コラム

松坂の背番号「99」は9+9=18ではなく1999年の99では?神宮大会V→春夏連続V→プロ1年目最多勝(99年)の三段跳び

 

 中日入団が決まった松坂大輔投手の背番号は「99」となったが、自ら選んだこの番号を本人は「9と9を足せばこれまでの18番。99番には何か意味があるんではないかと」と“解説”していたが、筆者はもう1つの意味、意図が隠されていると想像する。松坂が横浜高から西武に入団したのが1999年。「1年目を思い出したい。そこに戻りたい」という深層心理があったのではないか。

 筆者が初めて松坂のピッチングを見たのは97年の明治神宮大会。当時・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

おんりい・いえすたでい

過去の写真から野球の歴史を振り返る読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング