週刊ベースボールONLINE


藤村富美男「代打、ワシじゃ」

 



 物干し竿と呼ばれた長さ38インチ(約97センチ)の長尺バットを振り回し、1949年に前人未到の46本塁打。守っては三塁線の強いゴロを素手でキャッチし、走っては本塁上のクロスプレーで猛烈な体当たり。“初代ミスタータイガース”藤村富美男のダイナミックなアクションは、黎明期のプロ野球でファンの視線をくぎ付けにした。

 そんなスタープレーヤーが兼任監督となったのは55年シーズン途中。1リーグ時代の46年に務めて以来2度目となる同ポストで、藤村は持ち前のショーマンシップを存分に発揮した。

 選手としてのピークはすでに過ぎていたが、勝負どころでは「代打、ワシじゃ」と自ら打席に立ち、56年には51試合に出場し4本塁打。6月24日の広島戦(甲子園)では1点ビハインドの9回裏二死から、代打逆転満塁サヨナラ本塁打の離れ業をやってのけた。

 だが、そのようなスタンドプレーや、やたらとエンドランを仕掛けるワンパターンな采配などがナインの反感を買い、同年オフ、選手から排斥運動が起こる・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

ツーシームみたいに〜心揺さぶる名言〜

野球人の名言から野球人生を振り返るコラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング