週刊ベースボールONLINE


広岡達朗「僕は管理をしたんじゃない。ルールを教えたんです」

 



 1978年にヤクルトを、82、83年に西武を日本一に導いた名将・広岡達朗の代名詞といえば「管理野球」。基礎プレーの反復や、酒・タバコ・麻雀の規制にはじまる生活態度の改善、自然食の導入など、徹底した選手管理で弱小球団を立て直した。

 グラウンドの内外を問わぬ厳しい指導から、広岡には常に冷徹なイメージがつきまとったが、それは少なからず誤解をはらんだものだった。西武監督時代、「管理野球」という言葉だけが独り歩きする状況にあって広岡は次のように語っている。

「僕は管理をしたんじゃない。ルールを教えたんです。車を運転するときは交通ルールを身につける。信号が赤になったら止まる。黄色は注意信号、青はゴー。野球をやるならば、きちんとするべきことをした方がいいじゃないですか」

 根本にあったのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

ツーシームみたいに〜心揺さぶる名言〜

野球人の名言から野球人生を振り返るコラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング