週刊ベースボールONLINE

野球名言コラム

白仁天「国に帰るのは僕らの義務ですから」

 


 まだ韓国にプロリーグのなかった時代に、あこがれの日本球界へと渡ってきた俊足、強打の捕手。1962年に東映フライヤーズに入団した白仁天は、ジャパニーズ・ドリームを実現したパイオニアだ。

 来日から1年半は二軍生活が続き、言葉や食事の違いにも苦しんだ。特に日本の朝食になじめず、3カ月ほどの間、まったく口にできなかったという。それでも、在日韓国人二世である先輩の張本勲のサポートもあり、徐々に慣れていった。

「日本では野球を習うだけではなくて、野球を通じて人間完成に努めるのが目的。そのためにも、すべての物事に対して逆らうことなく、自分を無にして順応してきた」という白は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

ツーシームみたいに〜心揺さぶる名言〜

野球人の名言から野球人生を振り返るコラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー