週刊ベースボールONLINE

第89回選抜高校野球大会

永田裕治監督(報徳学園高) 今春センバツ限りでの勇退の理由

 

「伝統校」を率いる矜持


報徳学園高は甲子園のおヒザ元・西宮市内にある。グラウンドでノックを打つ永田監督は力が入っている/写真=(P)URP


 32校のセンバツ出場が発表された1月27日。全国各地で喜びの表情が伝えられる中で、驚きのニュースが高校野球界を駆け巡った。

「報徳学園・永田監督がセンバツ限りで勇退」

 伝統校を94年4月から率いてきた永田裕治監督は、95年のセンバツで甲子園初采配を振るうと、97年センバツでは4強へ進出。2002年センバツでは、前年秋の神宮大会優勝校として注目を集める中、エースの大谷智久(現千葉ロッテ)を擁しチームを優勝に導いた。そして08年夏、09年春、10年夏と3大会連続で甲子園8強以上に勝ち上がるなど、通算20勝(16敗)。兵庫県の高校野球をリードしてきた名将である。今年10月で54歳とまだ老け込む年齢ではなく、体も動く。しかも来年夏は選手権100回大会。なぜ、センバツ出場を機に勇退を発表したのか。

 一番の理由は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

アマチュア野球情報最前線

アマチュア野球取材班、ベースボールライターによる、高校・大学・社会人野球の読み物。

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー