週刊ベースボールONLINE

堀内恒夫の多事正論

堀内恒夫コラム「プロの投手のスピード、キレに慣れるため清宮はすぐにプロ入りしてもらいたい」

 

7月21日の西東京大会5回戦[対法政大高]で高校通算106号を放った清宮/写真=菅原淳


 夏の高校野球、今は各地区大会たけなわ。北から南から代表校の名前が挙がりつつある。クーラーが効いた部屋でテレビ観戦。今年も甲子園大会は、私の夏の楽しみだ。

 しかし、何と言っても今夏の高校野球最大の話題は、早実・清宮幸太郎君だろう。久々に出現した逸材だ。これだけのホームランを量産できる秘密は、単にパワーだけではない。力だけではこれだけのホームランは打てない。あくまで高校レベルでの話だが、変化球も巧みに打っているところを見ると、ミートのうまさ、テクニック、読み、そういったプラスアルファがあるはずだ。何より、あの体の柔らかさが素晴らしい。

 今年のドラフトでは確実に数多くの球団で指名が競合するだろう。大学へ進学するという話もあるようだが、私の希望を言わせていただくなら・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

堀内恒夫の多事正論

レジェンド堀内恒夫の球界提言コラム。

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー