週刊ベースボールONLINE

堀内恒夫の多事正論

堀内恒夫コラム「巨人史上、新しいタイプの二番打者・マギーのおかげで打線が機能」

 

現在の巨人打線は二番に入るC.マギーがいい役割を果たしている/写真=川口洋邦


 苦肉の策だったのだろうが、巨人の「二番・マギー」が機能している。開幕から立岡宗一郎中井大介山本泰寛重信慎之介らを使ってきたが、いずれも力不足で、毎試合のようにスタメンの二番打者が変わった。クリーンアップの露払いを務める二番打者が決まらなかったこともチーム不振の原因の1つになった。しかし、前半戦最後の試合になった7月12日のヤクルト戦[東京ドーム]で「二番・マギー」の新打線がスタート。そこから巨人の勝率が上がった。

「二番打者最強説」というのが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

堀内恒夫の多事正論

レジェンド堀内恒夫の球界提言コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー