週刊ベースボールONLINE

堀内恒夫の多事正論

堀内恒夫コラム「確かに宇佐見の打撃は小林より上かもしれない。しかし、捕手のスタメン起用となると話は別だ」

 

ここまで放っている宇佐見の3本の本塁打はすべて劇的。ただ、小林との正捕手争いは来年になるだろう/写真=桜井ひとし


巨人は若手がなかなか伸びてこないな」とOB連中から手厳しい声を頂戴することが多い。戦力分析をすると、確かに巨人はそろそろ世代交代をしなければならないチームではある。しかし、ここ数年、ドラフト1位の選手がパッとしないなど、若手が伸びてきていないのも現実だ。口うるさいOBが嘆くのも当然なのだが、それでも今年は投手ではドラフト2位の畠世周が快投を続け、野手では宇佐見真吾が出場機会は少ないものの、ファンの記憶に残る活躍を見せている。

 先日、ファンの方から「畠のことはスポーツ報知で読んだから、今度は週ベで宇佐見のことにも触れてくださいよ」とお願いをされたので、今回は宇佐見のことについて書くことにする。ただ、ファンの皆さんのご期待に沿えるような結論にはならないかも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

堀内恒夫の多事正論

レジェンド堀内恒夫の球界提言コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー